ビットコイン

仮想通貨ビットコインの基本

近年ビットコインという仮想通貨が世界中で注目されています。これは基本的に電子マネーに近い扱い方ができる仮想通貨です。その上取引も早く、どこに居ても世界中の人と取引することが可能です。世界共通で使える通貨として普及しており、日本でも利用できるサービスが増えています。

ビットコインを所持するには、取引所で購入する必要があります。基本的にインターネットを経由して購入することになります。最初にサイト登録などを行い、お金を入金したら必要な枚数を決めて購入できます。ビットコインは小数点以下の数でも購入することができます。例えば0.01枚といった単位でも購入可能です。

ビットコインの購入価格は、為替相場のようにリアルタイムで変動しています。世界中で利用されていることから、投資商品としての価値が高いのも特徴です。実際に売買取引で利益を出している投資家も多くいます。各国で経済が不安視されると、投資家達は資産の減少を危惧してビットコインに投資する傾向があります。この時、価格相場は高騰するので、利益を出すチャンスになります。

ビットコイン

  • ビットコイン取引のためのアカウントの作り方の基本

    免許証

    ビットコイン取引をするためには、まずはアカウントを作る必要があります。2017年の4月に法律ができたので、現在は本人確認がほぼ必須となっています。本人確認をしなくてもアカウントが作れる取引所は存在しますが、1日に取引できる上限が設定されているので、かなり不便です。

    本人確認の方法としては、運転免許証などの本人確認書類をWEBからアップロードするという方法になります。国内の取引所の場合には、郵送で書類が送られてきて、免許証のコピーなどを添付して返送をしたり、送られてきた書類に書かれたコードを会員画面から入力するなどの方法がとられていることが多いようです。基本的には、郵送で取引をして、住所が正しいかどうかなどもしっかりと確認がされるようになっています。

    ビットコインは資産として認められましたので、電子マネーに比べると、その管理が厳格になっています。マネーロンダリングなどに利用されることもあるので、本人確認がしっかりとされる業者のほうが安心ができます。

    ビットコイン取引

  • ビットコインの基本的な売買方法

    売買

    近年仮想通貨という言葉をよく耳にします。この仮想通貨とは、イメージとしてインターネット上で流通する貨幣だと認識してもらいましょう。そのため、国籍というものは関係なく、この通貨に対応してた決済方法があればどこでも利用が可能です。

    この通貨は各国の通貨と互換性を持っており、日本円で米ドルを買うようにこの通貨を購入することができます。その仮想通貨にも色々な種類があり、その中で最もメジャーで流通量がダントツで多いのがビットコインなのです。

    ビットコイン売買

    この通貨の基本的な売り方はFXとよく似ており、そのビットコインを含む仮想通貨を売買できる取引サイトを通じて行います。ビットコインのレートも他国の通貨と同様、常時変動しているため売買を行うことで利益や損失が出ることがあります。そのレートの変動は大きく、FXのようにレバレッジを効かせた取引は向かないと言われています。そしてその相場は、どこかの国で金融危機が生じた際には大きく上がることがあります。