仕組み

ビットコインの基本の仕組みについて

ビットコインを簡単に説明すると、インターネット上で取引が行われる仮想通貨のことです。政府や中央銀行を介さずに取引を行うため、仲介手数料を抑えられると同時に、場所や相手を問題とせずスピーディに貨幣取引できるのが特徴です。基本的に法定通貨は中央銀行や政府など、決められた機関が責任者となって管理を行ってきました。

ビットコインは法定通貨のような管理主体が存在しないかわりに、P2Pネットワークと呼ばれる分散型ネットワークを利用しています。P2Pネットワークは、インターネットで端末同士が情報交換する通信方式のことで、この仕組みによりブロックチェーンが世界中の端末に分散されています。

ブロックチェーンは過去にビットコインが取引を行った記録を全て記載された情報の塊で、ビットコインが正しく受け渡しされた記録が蓄積されています。ビットコインは管理を一元化せず取引の記録が世界中に分散しているため、情報が失われないという信頼性の高さが魅力です。