仮想

ビットコインの基本知識を学ぶ

近年仮想通貨という言葉が、ビジネスの世界ではキーワードのように唱えられています。そもそも仮想通貨とは、実際に紙幣や硬貨が存在するわけではなく、データ上でのみ存在するお金なのです。そのデータが消えてしまうとその資産は全て喪失してしまいますが、ブロックチェーンなどの新技術や世界中に管理するコンピューターの存在がその可能性をほぼないものとしているために実現しています。

この通貨は、どこの国の通貨でもなく、逆にどこの国の通貨とも互換性があります。その最も代表的なものがビットコインであり、この決済に対応しているところであれば国は関係なくどこでも利用可能です。言い換えると、インターネットの世界を一つの国と仮定し、そこで流通する通貨だと考えれば少しはわかりやすいのではないでしょうか。

その相場は変動制で、どこかの国で金融危機などが生じると、リスク回避のために上昇することが多くあります。このような部分がビットコインの基本的な知識と言えるでしょう。